六甲山スノーパークのスノーランドで子供と雪ぞりや雪遊び【混雑状況】

こんにちは!オレンジティー(@orangetea_osaka)です(*’▽’)

先日、六甲山スノーパークに行ってきました!!

私は、11ヶ月の子供がいるのでなかなか難しいかな??って思ってたんですけど、小学生の上の子が行きたいって言ったんで、思い切って行ってみたんです。

六甲山スノーパークって言っても、ゲレンデでスキーやボードをするんじゃなくて、完全に子供メインの雪遊びです。

今はコロナが流行っているので、まずは入り口で検温してから入ります。

子供が雪ぞりや雪遊びをするスノーランド

六甲山スノーパークにはもちろんゲレンデがあります。

みんな、スキーやボードで楽しんでいます。

コースはとっても短いですが、リフトを利用して何回も滑る感じですね。

私も、昔はあっち側で滑ってたなぁ。。懐かしいなぁー。

今は、小さなおチビちゃん達がいるので、私が滑っている場合じゃありません。

六甲山スノーパークには、雪遊び専用のスノーランドというのがあって、子供はこっちで雪遊びと雪ゾリができます。

雪遊びする場所には雪だるまを作る道具くらいしか置いてないので、自分でスコップやバケツを持っていくと便利です。

ただ、金属製のスコップなどは使えないので、子供用のプラスチックの物を持っていってくださいね。

あと、雪ゾリエリアはソリが必要になるので、入場券を買う時に、ソリのレンタル券も買って、入り口付近で借りてからスノーランドに来てください。

借りてなかった!ってなって入り口まで戻るのめんどくさいですよ。(時期によっては、スノーランドの方でソリの受け取りをしています。)

六甲山スノーパークは人工スキー場

六甲山って大阪や神戸からすぐですよね。

雪はちゃんと積もってるの??と思うかもしれませんが、六甲山スノーパークは人工スキー場なので、バッチリ雪は積もってます。(造っていると行った方がいいかも!?)

ただ、やっぱり人工で作るのは少しづつしか無理なんで、そんなに多くはないです。

1月くらいになるとある程度自然の雪も積もると思うんですが、私がいった時は、まだまだ人工雪だけでした。ゲレンデで滑るには少し少ないかなぁ。。

ゲレンデの雪はこんな感じです。人が増えてきたらすこし滑りにくそうです。

パーク内はゲレンデとスノーパークとレストランやショップなどひととおり揃っていますが、全部規模が小さいです。市内からすぐに行けるっていうのが売りなので仕方ないですけどね。

スノーランドの雪質

本格的なスキー場に新雪が積もった時のふわふわ感とかはないです。

でも、溶けた氷みたいにガリガリしているんじゃなくて、作ったばっかりのかき氷みたいにある程度はサラサラしてます。

なんて言っていいかわかりませんか、プラスチックのスコップでも簡単に雪を掘れるくらいです。

ただ、雪を掘って下の方にいくと、だんだんガリガリしてきて掘るのが大変になってきます。

六甲山スノーパークの気温

気温は大阪市内と比べてマイナス5℃くらいですかねー。

なので、12月以降は簡単に氷点下になります。

六甲山スノーパークは車ですぐ行けるので、その分気温のギャップが大きいです。

さっきまで市内でそんなに寒くなかったのに、車で少し走って降りた途端、寒っ!!ってなりますよ。

初めていく方は、きっと予想していたより寒いです。

車での行き方と駐車場

車での行き方は、大阪からなら2号線を走って、徳井の交差点を右折して北上が一番わかりやすいかな?

大阪北部に住んでいる方なら、宝塚のほうから16号線で西に向かうのもありです。

六甲山スノーパークの住所:神戸市灘区六甲山町北六甲4512-98

車で行く時に気になるのが、道路は雪が積もってない?凍結してない?スタッドレスないけどノーマルタイヤで大丈夫??とかだと思います。

簡単にいうと、普段は大丈夫ですが寒い日はノーマルタイヤじゃ危険です。先に進めなくなります。

ノーマルタイヤで行ける日といけない日の基準が天気予報や気温を見てもいまいちわかりにくいと思うんですが、六甲山スノーパークは親切にもノーマルタイヤで来れるかどうかホームページで掲載してくれてるんです。

毎朝8時ごろに最新情報が更新されるので、朝8時にチェックして問題なければ六甲山スノーパークへGOです!!

→六甲山スノーパークのホームページ

※トップページの「本日の道路状況」を確認してください。

入場料金の割引クーポンとレンタル料金

六甲山スノーパークの料金や、レンタル料金は下の表のとおりです。

雪遊びだけでも、スキーやボードをする人と同じ入場料がかかるので、もう少し安くして欲しいなぁーって思います。リフト代はかからなくて済みますけどね。

入園料金発売時間大人小人
1dayチケット(スノーランドは17時まで)9:00~15:302200円1100円
ナイターチケット(フリーリフト付き)16:00~21:302700円1600円

※入場料の小人は1歳から小学生です。

入場料金は「いこーよ」のサイトのクーポンを提示するだけで大人200円引き、小人100円引きになりますよ♡

→「いこーよ」のクーポンはこちら

私は利用していませんが、リフトの料金表。休日は高いですね・・・

リフト料金平日休日
1日券1550円3100円
1回券200円200円
12回券なし2000円
3時間券なし2000円

六甲山スノーパークはレンタルも揃ってるので、手ぶらで行けます。

レンタル料金1大人小人
スキーセット(板・ブーツ・ストック)3900円3100円
スキー&ウェアセット5700円4600円
ボードセット(ボード・ブーツ)5100円4600円
ボード&ウェアセット6700円5700円
ウェアセット(ウェア上下・グローブ)3600円3100円

※レンタル料金の小人は小学生以下です。

レンタル料金2大人・小人
スキー板2600円
スキーブーツ2100円
ストック1300円
ボード3600円
ボードブーツ2600円
ファンスキー2600円
幼児スキー1500円
スノーシューズ1500円
雪ゾリ1500円
グローブ1500円
ヘルメット1500円

※レンタル料金は一見高そうに見えますが、各レンタル料金には保証金が1000円含まれていますので、返却すれば1000円返ってきますよ。

※ゴーグルや帽子のレンタルはありません!!購入することは可能です。

スノーランドで遊ぶ時の服装とロッカー

スノーランドで遊ぶ時ですが、無難なのはスキーウェアとスノーブーツです。

ボード用のブーツを持っている方はそれでもいけると思いますが、スノーブーツの方が歩きやすいかな。

雪遊びといえども、地べたに座るのでスキーウェアじゃないとびしょびしょになります。

それか、全く座らないかですが、座るくらい遊ばないと面白くないですよ。

子供は当然ですが、大人もスキーウェアがベスト。

今回、私は小さな子供を連れていっていたので、上の子とはスキーウェア着た旦那が遊んで、私はずっと立っていました。

私の服装はダウンと長靴でしたがかなり寒かったです。

旦那と上の子は遊び続けていましたが、私はレストランに何度か温まったり、休憩しに行かないと無理でした。12月でこれなので1月はもっときついかも。

六甲山スノーパークには更衣室やロッカーもありますが、旦那と子供だけくらいなら車で着替えて行ったほうが早いですね。

ウェアをレンタルしたり、車以外で着替える方は、入り口入ってすぐに更衣室(ロッカールーム)があります。

スノーランドの雪ぞりエリアと雪遊びエリア

スノーランドには、雪ぞりエリアと雪遊びエリアが隣り合わせにあります。

雪ゾリエリアは雪遊び禁止だし、雪遊びエリアは雪ゾリ禁止で完全に別れています。

雪ゾリの坂は20mくらい??です。

一瞬で滑り終わるので、滑っては坂を登っての繰り返しです。

親も一緒に滑るならなかなかの体力が要りますよ。

子供だけで滑れるならいってらっしゃい♡って感じで下で見ています。

雪遊びエリアも、混雑しているってほどではないですが、雪だるまを作る道具が10個もなかったと思うので、日や時間によっては取り合いになっちゃいそう。

なので、自分で遊ぶ道具を持ってきた方がいいですね。雪だるまの道具も、家から持参した道具もなければ、やる事があんまりないです。笑

こっちは雪遊びエリア

一生懸命に家族4人分の雪だるまを作っています。

かわいいでしょ??

こっちが雪ぞりエリア

上からみるとこんな感じ。

登って滑ってを何回も繰り返すので大変!!

子連れとベビーカーについて

私は、6歳と11ヶ月の子供を連れて行ったのですが、特に問題なかったです。

6歳の子はもちろん問題ないですが、11ヶ月の子も抱っこ紐で抱っこしていたらいいですし、ゲレンデとスノーランドの以外は普通にベビーカーで移動できます。

ただ、私が行ったのは12月なので、1月になると、ゲレンデ以外のパーク内の道も日によっては凍結するかもです。ただ、雪が積もって走行できないみたいな事は無さそうです。

あと、授乳室やおむつ替え室も入口付近にあるので、小さなお子さんを連れてくるかたはこちらで対応できます。

私が行った時はこんな感じなのでパーク内の道も、ベビーカーで余裕で走行できました。

六甲山スノーパークの混雑状況

土曜日の昼前くらいに行きましたが、そんなに混んでなかったです。

12月はまだまだ雪が少ないのでゲレンデは人数の割に人が多くて滑りにくいだろうなーって思いますが、スノーランドは余裕です。

ガラガラではないですが、何かを「待つ」という事は全くなかったです。やりたいことをすぐできる感じです。

レストランのメニューと感染症対策

レストランは入り口付近にありますが、混んでるかな??って思っていたらとても空いてました。

コロナ対策でテーブルは間引きして使うようになっているのと、お手製の飛散防止シートがテーブルに設置されてました。

個室とかではないですが、一般的な飛散防止策がとられてました。

六甲山スノーパークのレストランは値段の割には美味しくてボリュームもありますよ♪

六甲山スノーパークの口コミ

いろんな方の口コミを見ていると、やはりメリットとしては、市街地から2~30分程度で来れること。デメリットとしては雪質と値段です。

私も同じで、市内からでも1時間くらいで行けるので、気楽に予約なしで簡単に行けるというところです。

京阪神に住んでいる方でしっかりした雪山に行こうと思うとやっぱり3時間程度は移動時間がかかりますし、ノーマルタイヤで行くのは難しいです。

六甲山スノーパークは移動時間が少ないので、ちょっとした雪遊びにちょうどいいです。雪遊びだけで3時間も移動するの大変ですし、小さな子供がいると体力的にもきついです。

ただ、雪質はあんまりよくないです。新雪の場所があったとしてもごく一部で少ないです。大体はシャリシャリしている感じ。

ただ、私はあんまり気にしないですし、子供はもっと気にしていないです。気にするのは、本格的にスキーやボードで滑りりたい人かな??

あと、規模の割に料金が高いですね。ただ、市街地から近くて人工雪で雪をキープしないといけないということを考えると仕方ないかもですね。。。

なので、私の意見としては、スキーやボードでは物足りない。少し足を延ばして違う雪山へ。。。(超初心者の1回目位ならいいかもです。ただ、広くないので滑りにくいです。)

ただ、ちょっと雪遊びするくらいなら六甲山スノーパークはちょうどいい!って感じです。私は1時間位で行けるので、また来年も行こうかなって思ってますよ。

そんだけ!ほなまたね(^^)/
オレンジティー(@orangetea_osaka)でした♪