楽天カード、Kyash、楽天ペイでポイント3重取り!還元率7倍!

こんにちは!オレンジティーです(*’▽’)

以前、楽天ペイ・LINE Pay・au Payなどのお得なQRコード決済のお話をしました。

人によってどれがいい悪いは一概には言えないのですが、私の場合は楽天ペイを基本にした、キャンペーン中はau  Payを使ってます。

楽天ペイの紹介をする時に、楽天カードはオススメって言うお話してたので、今日は他のカードを含めて改めて紹介したいと思います。

クレジットカードって本当に沢山あります。ライフスタイルが人それぞれなので、1円でも多くのポイントを貯めるのであればその人に合ったカードを、多くの時間をかけて探せば見つかるかもしれません。ただ、めちゃくちゃめんどくさいです。時と場合によって、使うカードを変えれば、高還元やキャンペーンを狙えるも知れませんが、その手間ってプラスαになったポイントよりかかってるかも知れません。

長期的に使うのであれば、何も考えずに使い続けられる安定感抜群のカードがいいです。

その中で、私は楽天カードをオススメしています。

有名なので使っている方も沢山いると思いますが、まだの方もいるかもしれないので説明します。

さっき、時と場合によって使い分けるのは、手間がかかって割りが合わないといいました。なので、どんな時でも貯まる基本のポイントが重要です。

0.5%のポイントが貯まるカードが主流の中、1%を超える基本ポイントで有名なのが、楽天カードとリクルートカードです。

楽天カード1%

リクルートカード1.2%

です。

(還元率だけでいうとリクルートカードのほうが0.2%いいです。ただ、後でいいますが、楽天カードのほうがお勧めなので、楽天カードを例えにして進めていきます。)

楽天カードとKyash

それに加えて、ポイントを貯めるには王道のプリペイドカードのKyashです。

Kyashのポイントは2%です。

なので、安定したポイントを貯めるのであれば、楽天カードでKyashにチャージして、Kyashで支払う。これで常に3.0%のポイントが付きます。

KyashはVisa加盟店で支払うことができるのでほとんどの店で払えます。Kyashでのスマホ決済も、普通のクレジットカードと同様に番号とセキュリティコードを入れるだけで、特別な手間はありません。

ただ、実店舗で支払う場合は番号を伝えるだけではダメなのでリアルなカードを発行する必要があります。リアルカードさえ発行すれば、そのカードをクレジットカードと同様に使用するだけです。

貯まったポイントはそのままポイント残高に加算されます。Kyashはプリペイドカードなので、チャージしている金額に貯まったポイントが加算されてそのまま使えます。

KyashはVisa加盟店で使用できて、クレジットカードのような審査もなく無料で利用できる。それでいて2%還元。。。。お得過ぎでしょ!!!(笑)

今までクレジットで支払ってポイントを貯めてた人は、直接クレジットカードで支払うのではなく、一度、クレジットカードからKyashにチャージし、Kyashで支払うようにすると、今まで付いていたクレジットのポイントに加えて、更に2%のポイントが付くのです。

手間は最初にKyashのアプリをダウンロードして、登録するだけです。それだけです。

(実店舗で使用する場合は、リアルカードを発行する手間だけ増えます。)

0.5%還元のクレジットカードを使用している人!!

上の方法なら一気に6倍以上の3.0パーセントですよ!!

復習です

一般的なクレジットカードで支払い→0.5%還元

楽天カードでKyashにチャージ→Kyashで支払い→3.0%還元

ん???あれ???

以前、私のブログ読んだ人は思うかもしれませんが、楽天ペイは?どうなるの???

もしかして併用できるのでは???

な・な・な・なんと!!!!(笑)

そうなんです!!!

楽天ペイを併用することでポイントが3重取りになって3.5%還元です。

 

再度・・・

一般のクレジットカードでの支払い

・・・0.5%還元

楽天カードでKyashにチャージ→Kyashで支払い

・・・3.0%還元

楽天カードでKyashにチャージ→Kyashで楽天ペイにチャージ→楽天ペイで支払

・・・3.5%還元

一般のクレジットカードでの支払い0.5%還元に対して3.5%還元の7倍です!!

しかも大して手間ではありません。

Kyashの自動チャージ登録カードを楽天カードに、楽天ペイの登録カードをKyashにするだけです。

あとは、コンビニなどの支払いでスッとスマホを提示して楽天ペイで支払うと7倍(3.5%)のポイントが付き、楽天ペイが使用できない場所では、Kyash(Visa加盟店で使用可)で支払うと6倍(3.0%)のポイントが還元されます。

全然めんどくさくないでしょ?

過去の【楽天ペイ】の記事です。

楽天ペイ

こんにちは!オレンジティーです(*'▽') 今日は楽天ペイのお話しです。 楽天カードを持っている方は申し込まないと損です。 最初に5分ほど時間がかかりますが、それさえしてしまえば、ポイント還元が1.5倍になって、しかも支払いが簡単!![…]

Kyashと楽天ペイの紹介をしましたので、あとはクレジットカードです。

大分、話がもどりますが、

高還元率カードの楽天カードかリクルートカード、どちらにするかです。

楽天カードとリクルートカードの比較です。(2019年4月14日現在)

楽天カード

  • 年会費無料(家族会員も無料)
  • ブランド:VISA・JCB・Mastercard・AMERICANEXPRESS
  • ポイントは楽天スーパーポイント
  • 還元率:原則1.0%
  • 楽天市場4%、楽天トラベル2%、楽天ブックス2%
  • ETCカード:年会費500円(会員ランクがダイヤモンド・プラチナは無料)
  • 入会特典:5000P
  • 海外旅行保険:死亡・後遺障害(最高2000万円)、障害・疾病治療費用(最高200万円)
  • 商品未着あんしん制度有、ネット不正あんしん制度有(不正利用分を保証)

リクルートカード

  • 年会費無料(家族会員も無料)
  • ブランド:VISA・JCB・Mastercard
  • ポイントはリクルートポイント(Pontaポイントに交換可)
  • 還元率:原則1.2%
  • ホットペッパー3.2%、じゃらん3.2%、ポンパレモール4.2%
  • ETCカード:JCBは無料、VISA・Mastercardは発行1000円で年会費無料
  • 入会特典:6000P
  • 海外旅行損害保険:最高2000万円
  • 国内旅行損額保険:最高1000万円
  • ショッピング保険:年間200万円(購入した商品の破損・盗難など)

うーーん。。2枚とも高還元率で有名なハイスペックなカードなので大きな差はないですね。好みの問題程度かと。。

リクルートカードは楽天カードよりほんの少し基本の数値は上ですね。

多分楽天カードを意識しているのかと思います。

結論でいうと。ほぼ同じ内容なので、ネットショッピングをどれくらいするかで選べばいいと思います。

還元率はリクルートカードのほうが0.2%多いのですが、楽天市場の4%還元ってのが大きいんです。

ポンパレモールと楽天市場は比較にならないほど楽天市場のほうが品揃えが多いので、ネットショッピングを利用する人は、必然的に楽天市場を利用する機会も増えて0.2%の差はすぐに埋まると思います。品揃えに差があるので、商品がなければ買うことすらできないので。。。

私はネットショッピングをよくするので、楽天カードです!!!

ネットショッピングはほとんどしない人はリクルートカードでいいと思います。

あと、私は楽天ペイを利用しているので、貯まったポイントはコンビニでも使用しやすいですし、楽天市場とかでも使用できて使える用途が多いかなー。

最初にも言いましたが、クレジットカードは他にもたくさんありますが、特定の店舗やキャンペーンなどで還元率が高くても基本ポイントが低ければ、何枚もクレジットカードを持つことになって使いにくく手間です。

何も考えずに同じカードを使い続けてポイントがどんどん貯まっていくものがいいです。

複数のカードを持つとポイントが分散されて使用する時も大きな買い物ができなかったり、期限切れとかに気づかない時も増えそうです。

紹介した楽天カードとリクルートカードはめちゃくちゃ有名な高還元率のカードで、使用している周りの人から不満も聞かないですし、ネット上の満足度も高く、楽天カードについては私も利用しています。

クレジットカードを作るならどちらかのカードで間違いはないと思いますよ!!

そんだけ!ほなまたね(^^)/