PayPay、楽天カード、Kyash、Pontaでポイント3重取り!8.2%還元も♪

こんにちは!オレンジティーです(*’▽’)

以前の記事で楽天カード、kyash、楽天ペイ、pontaカードでポイント4重取りができ、一般的なクレジットカードの9倍の還元率がゲットできるお話しをしました。

なんと、令和元年10月の消費税改定時に改悪となり、今までの夢の組み合わせができ無くなりました。

消費税増税時って・・・どさくさに紛れて、せこいやん。

でも、負けへんよ!これからは違う方法でポイント3重取りです!!

今までのポイント多重取りの方法

今までは、楽天カード(1.0%)、kyash(2.0%)、楽天ペイ(0.5%)、pontaカード(1.0%)で合計3.5%還元でした。

※楽天カードはリクルートカードなどの他のクレジットカードでも、PontaカードはTカードなどほかのポイントカードでもOKです。

楽天カードでkyash(プリペイドカード)にチャージし、チャージされたkyashでさらに楽天ペイを支払い、楽天ペイのQRコード決済時にpontaカードを提示する方法でした。

まず、プリペイドカードであるkyashは、プラスチックの「リアルカード」と、スマホ上で表示する「バーチャルカード」の2種類があます。

今までは、kyashの還元率は2%だったのに2019年10月1日から、リアルカードでは1%、バーチャルカードでは0.5%に改悪されました。

バーチャルカードは一気に4分の1です。ひどいやん!

しかも、今までは楽天ペイにkyashを登録できていたんですが、2019年9月24日以降は登録できないんです。楽天ペイが3Dセキュア未対応のKyashを登録できないようにしたんです。

と、言うことで従来の方法は使用できません。

ほな、これからどうしようかなー(゚∀゚)

違う方法でポイントゲットしましょう!

PayPayを使ったポイント3重取り

楽天ペイがkyashを登録できなくしたんで、今後はPayPayでポイント3重取りします。

楽天カード(またはリクルートカード)、Kyash(リアルカード)、PayPay、pontaカード(TカードなどもOK)の3重取りです。

※現金でPayPayにチャージして支払うとPayPayが1.5%の還元なんですが、PayPayを一般のクレジットカードなどで支払うとPayPay自体にポイントはつかないので、3重取りとなっています。

基本的な考え方は今までと同じですが、若干違うので説明していきます。

PayPayとは

PayPayは、ソフトバンクグループ株式会社とソフトバンク株式会社、ヤフー株式会社の共同出資会社であるPayPay株式会社のQR・バーコード決済サービスです。バックが超強力なんです。

100億円キャッシュバックキャンペーン等で一躍有名になったのでほとんどの方がご存知だと思います。

QRコード決済は、楽天ペイ、LINE Pay、Origami Payなど沢山ありますが、PayPayはその中の一つです。

QR・バーコード決済

QR・バーコード決済とは、今まではレジで現金で支払っていたものを、スマホで支払うことです。

二通りあって、一つは店のQRコードをスマホで読み取って支払い金額を入力する方法。あと一つはスマホにバーコードを表示させて、店員さんにそのバーコードを読み取ってもらって支払う方法。

PayPayはどちらの方法でも決済できますが、店員さんにバーコードを読み取ってもらうほうが楽だと思います。

ポイント還元率

PayPayのポイントはどうなっているのでしょうか?

PayPayは決済方法で貰えるポイントが変わってきます。

方法は3つあって

①PayPay残高で支払う(登録した銀行からチャージ)は1.5%

②ヤフーカードで支払うは1.5%

③その他クレジットカードは0%

注目するのは通常のクレジットカードで支払う場合はPayPayとしては還元がないということです。(PayPayはヤフーが設立したので、ヤフーカードだけ1.5%還元されるんです。)

銀行からチャージしたPayPay残高で支払うと1.5%還元されるのですがクレジットカードのポイントは付きません。。。

なので、クレジットカード払いで付与されるポイント還元が1.5%以上ならPayPayのポイントが付かなくてもクレジットカード払いのほうがいいということになります。

クレジットカードで1.5%還元なら比較的簡単に可能です。

前も説明させていただいたクレジットカードとkyashの組み合わせです。
※楽天ペイはkyashの登録が不可能になりましたがPayPayはKyashの登録が可能です。

クレジットカードは以前説明させていただきましたが、王道の2つのハイスペックカードならどちらでも間違いないです。好みの問題です。

①リクルートカード(1.2%還元・ネットショッピング少な目の人におすすめ)

②楽天カード(1.0%還元・ネットショッピング多い人におすすめ)

これらのクレジットカードでKyash(リアルカード)にチャージすると、クレジットカードにポイントが付与され、さらにPayPayをkyashで支払うと、kyash(リアルカード)が1.0%還元されます。

合計で2.2%か2.0%なので、こっちのほうがお得です。

(参考)Yahoo!JAPANカードは通常の支払いで1.0%のポイントが付くため、PayPayの支払いに指定すると、 Yahoo!JAPAN カードで1.0%、PayPayで1.5%還元なので、合計2.5%です。PayPayだけの事を考えれば Yahoo!JAPANカード がお得ですが、日常生活でPayPay以外で支払うことも多いと思いますので、クレジットカードはライフスタイルトータルで考えていただくといいかと思います。

最後にポイントカードを提示する

クレジットカード、Kyash、PayPayと来て最後はポイントカードを提示して完成です。ローソンならPontaカード、ファミマならTポイントカードなどを出してポイントを根こそぎゲットしましょう(笑)

いろんなものを複数組み合わせると高還元率でポイントをゲットできるんですが、面倒くさかったらその中の一部だけでもOKです。

例えばクレジットカードだけ持っている場合、Kyashの登録が面倒だったらPayPayだけ登録して、PayPay×クレジットカードだけでもOKです。

全部登録しなくても、一部だけでもやっておくと支払いがめっちゃ便利だし、ついでにクレジットカードのポイントも貯まって得もします。

PayPayはスマホでインストールするだけですぐ始められるので、とりあえず使ってみたら便利さがわかると思います。

登録は無料だし、登録作業も最短1分でできますよ。

PayPayのアプリは下の公式ページからダウンロードできます。

PayPay(iOS用)

PayPay(Android用)

キャッシュレス・消費者還元事業でさらに還元率UP

2019年10月1日から消費税が10%になりましたが、それに合わせてキャッシュレス・消費者還元事業が始まりました。

消費税増税に対する支援と、キャッシュレスを普及させたい政府の考えから始まった事業です。

期間は2019年10月1日から2020年6月までです。

先ほど、QR・バーコード払い決済でポイントを3重取りできるお話しをしましたが、それとは別でさらに消費者還元事業が還元してくれるんです。

これはめっちゃお得ですね!!!

還元される率は原則5%で、フランチャイズチェーンやガソリンスタンドでは2%の還元です。

上記のPayPayなどの還元率と併せると合計8.2%にできますね。

すべての店で受けれるわけじゃなくて、下のマークがついたお店です。

こんなマークです。レジで支払う時などに注意して見ていただいたら多くの店で掲示していますよ。

amazon、楽天、ヤフーショッピングなどのECサイトも対象になっています。

消費税増税に合わせて、せっかく5%も還元してくれる事業を始めてくれたので、まだPayPayなどのQR・バーコード決済を取り入れていない人は、早ければ早いほうが5%還元されるのでお得です。(PayPayだけに限らずキャッシュレスなら還元は受けれます。)

ポイントがお得なのもあるんですが、財布出したりおつり入れたりしなくていいんで、ただ単純に支払いがめちゃくちゃ楽になるんです。

日本は世界的にキャッシュレスが遅れていて、今後確実にキャッシュレスが進んでいくので、乗り遅れないようにしてくださいねー(笑)

そんだけ!ほなまたね(^^)/

☆☆注目記事☆☆
・近所のビジネスホテルに泊まって気分転換!一人で非日常のホテルを満喫♪

・Amazonプライムで生活が便利に激変する方法まとめました♪Amazonプライム会員になるには?