エキスポ70パビリオン(EXPO70)に行ってきました!【万博記念公園】

こんにちは!オレンジティーです(*’▽’)

万博の記事が続きますが、今回は万博記念公園内にあるエキスポ70パビリオンに行ってきました。

万博にはよく来るんですが、意外にもこのパビリオンに来るのは初めてです。

そもそも万博、万博ってよくいいますが、万博は万国博覧会(正式には国際博覧会)の略称です。

今となっては万博=公園ですが、万博記念公園という名前の通り、この公園は万博を行った記念の公園です。

万博は1970年に開催されました。

万国博覧会が開催されたのは知っていますが、私は生まれていませんし、なんとなーく知っていただけです。

で、このエキスポ70パビリオンは、当時の様子などを展示した記念館になっています。

少し気になっていたので行ってみました。

EXPO70パビリオン

エキスポ70パビリオンは公園の東のほうにあります。

万博に行った事がある人はこの建物見たことないでしょうか?

建物内は基本的には1階は無料展示、2階は有料展示になっています。

私が行った日は特別展が開催されていたので、1階も有料の展示でした。

1階の特別展は2階の通常の展示より値段が高かったので、私達は2階の通常の展示に行くことにしました。

建物の入り口を入るとすぐに、太陽の塔の看板みたいなものがあります。

真ん中にカーブがあるガラスが入っているので、のぞき込むと顔が変な顔に映りますよ。

入口の自動ドアの付近にあったんですが、このファッションは何でしょう?

70年代ってこんなん?すごい!!

過去というよりむしろ未来。

入口入って右側にチケットを購入する窓口があります。

いろんな国の国旗が飾られていて、万国博覧会って気がしますねー。

荷物がある場合、この受付窓口で預かってもらえるので、展示場を回る時は預けちゃいましょう。

入場料は万博記念公園の入園料とは別で

高校生以上210円

中学生以下無料

となっています。

安いですねー。

子供がいたのでスタンプラリーの紙もくれました。

子供ってスタンプラリー好きですよね。いつも張り切っています。

早速、奥の階段を上って2階に。

階段を上がるとすぐに、全種類のスタンプが置いてありました。

スタンプラリー終了しました・・・

ただの記念スタンプ?聞き間違いかな?

太陽の塔付近のミニチュアがありました。

手前はエキスポタワー。

忘れていました。そういや昔こんなタワーありましたね。

遠い記憶によみがえってきます。

2003年に解体されたので、20代前半くらいまでの人は覚えてないかな?

奥で光っているのはなんでしょう?

私は70年の万博を知りませんが、これ普通にすごくないですか?

かっこいいです。近未来の感じがします。

あ、出ました。

光の正体はやっぱりこの人。

太陽の塔!

人ではないですが、なぜか生命力を感じます。

あれ?こんな口やったっけ?

なんかマヌケそう(笑)

角度が悪いんかな??

皆さんご存知と思いますが、太陽の塔は芸術家の岡本太郎さんが制作しました。

ほんとすごいと思います。

普通の人が考え付かないぶっとんだ芸術作品です。

大阪で連想するものと聞いて、「太陽の塔」って答える人もいっぱいいるんちゃうかな。

それだけインパクトがあって、長年愛される存在です。

「芸術は爆発だー」

ですね。

太陽の塔の裏側。

日本庭園がある付近かな?

モノレール走ってたんですね。

ディズニーランドに負けていません。

なんで、モノレール無くなったんでしょうね。広いからあったら便利なのに。

太陽の塔の背中らへん。今でいう、お祭り広場ですね。

夏にプールに行った時の写真なんですけど、これって1970年の万博の名残なんですかね?

昔の万国博覧会の様子。

え!?1851年ってそんな前からあるんですか?

世界大戦前です。オリンピックより前からあるなんて・・・

エッフェル塔ができる様子の写真もありました。

ほんと万国博覧会って歴史があるんですね。

展示室の廊下はこんな感じで、ちょっと違う世界にいるような感じです。

なんだかわからないですけど刺激的です。

宇宙をイメージしてるんかな?

1970年の万博の時に実際に使用していた場所です。

時々ライトアップされて幻想的。

これが過去に既に存在していたってのがイメージわかないんですね。

模型がありました。

こんな場所だったようです。

天井など、よく見ればやっぱり傷んでいますね。

50年ほど経過していますもんね。

昔の映像が壁に映し出されていました。

めっちゃミニ。でも顔はまじめ。

この迷い子ワッペンいいやん。今でも使えそう。

日本万国博覧会の入場者数

万博に関する数字が書かれた壁。

入場者数6421万人って・・・

当時の人口がちょうど1億人くらいです。

ちょっと想像つかないですね。

出産1人??万博内で出産したってことですよね。

伝説ですね。

尋ね人12万人ってのも地味にすごいです。迷子や知り合いとはぐれちゃったって事ですよね。

当時はスマホないですからね。こんなに大勢いる中ではぐれたら終わりです。

時代を感じますねー。

いろいろな国や機関の展示館(パビリオン)があります。

今はなきエキスポランド・・

様々なパビリオン

それぞれのパビリオンの写真や説明カードが壁一帯にありました。

子供がいたのでじっくり読む時間なかったですが、もっと読みたかったなー。

こんな感じで壁にいっぱい展示しています。

あの椅子は壁に映し出されてた映像を見る時に座る椅子かな?

とりあえず椅子を置いてみた感じです。ここ廊下ですよね??

太陽の塔付近の大きな模型。

そういや太陽の塔って阪神大震災などにも耐えてますね。

この複雑な形で耐震基準満たしているんですね。

普通にパタって倒れそうなのにすごいですね。

なんか引き込まれます。

宇宙からきたみたいです。

この辺の服なんてめっちゃ合理的な感じがします。

渦巻き型の都市?SFみたいですね。

当時のエキスポランドのジェットコースターかな。

とりあえず、いっぱい乗せて数勝負って感じがしますね。

少年少女よ!これが昔の日本だ!

電気自動車やったかな?これ今でも使えそうですね。

エキスポタワーの大きな模型。

これ見てわかる人とわからない人で歳の差がでますね。

斬新な椅子ですね。この椅子は硬いんですけど、本当の手のようにやわらかかったら面白そう。

こんなものも。あの花みたいなマークはEXPO70のシンボルマークですけど、太陽の塔のイメージが強烈すぎて私の中では太陽の塔の顔がシンボルマークですね。

日本万国博覧会の全体の模型。いろんなパビリオンがあります。

これ見るだけでめっちゃワクワクしないですか?

楽しそう!!

この時代に生まれていたら行きたかったですね。

まとめ

エキスポ70パビリオンは当時の鉄鋼館を利用して2010年に作られたみたいですが、何か建物があるな。って感じだけで行っていなかったです。

今回、初めて行ったんですが、へぇーって思うことが沢山あって日本万国博覧会の時に生まれていなかった私でも結構楽しめました。

幼稚園児の娘も意外と楽しんでいましたよ。

おじいちゃんやおばあちゃんと一緒に万博に来たら、一緒にエキスポ70パビリオンに行くと懐かしいなーってなると思います。

入場料も安いのでおすすめです。

あと、2025年に大阪万博が決定しました。

東京オリンピックと比べて大阪万博はあんまり話題になっていませんが、エキスポ70見ていたら万博がいかにすごいことかわかります。

すごい楽しみですが、ちょっとだけ不安もあります。

どうなるんでしょうね。大阪の街は・・・

そんだけ!ほなまたね(^^)/

☆☆注目記事☆☆
・万博公園のアスレチック迷路に行ってきました!迷宮の砦は巨大で立体的♪

・万博記念公園のおもしろ自転車広場に行ってきました!