ビビディ・バビディ・ブティックにドレス持ち込みでラプンツェルに変身!予約や料金は?

こんにちは!オレンジティーです(*’▽’)

先日、スマホのアプリでのファストパスの取り方、子連れ家族がディズニーランドやディズニーシーでのファストパスを取る順番を紹介させてもらいましたが、今日は、ビビディ・バビディ・ブティックのお話しです。

そもそもビビディ・バビディ・ブティックって何?って方に説明すると、魔法でプリンセスに変身させてくれるサロンです。

ディズニーランド内では、コスプレしている方もいますが、ビビディ・バビディ・ブティックはディズニーから正式に認められた変身なので、スタッフの対応が変わります。1日プリンセス扱いにしてくれるんです。

ドレスの持ち込みはできる?コースや料金の紹介

ビビディ・バビディ・ブティックはディズニーランド内に2ヶ所あります。場所によってコースも異なりますよ。コースの内容や料金は次の通りです。値段があがればどんどんやれることが追加されていきます。かっこ内は所要時間と、2019年10月以降の増税後の料金です。)

○東京ディズニーランドホテル

・クラウンコース(30分・9350円)
ヘアメイク+メイクアップ+キッズ用マニキュア
※ドレスやシューズは自分で持ち込みします。持ち込み可能です。
※ヘアメイク等に使用した、コスメパレット、ヘアアクセサリー、チークパウダー、キッズ用マニキュア、ネイルシールなどは専用のスーベニアバッグにいれて持って帰れます。
※ビビディ・バビディ・ブティックでプリンセスに変身した証のサッシュ(たすき)をもらえます。

・キャリッジコース(45分・29150円)
ヘアメイク+メイクアップ+キッズ用マニキュア+ドレス&シューズ
※ドレスやシューズは持って帰れます。

・キャッスルコース(75分・37400円)
ヘアメイク+メイクアップ+キッズ用マニキュア+ドレス&シューズ+プリンセスフォト
※ドレスやシューズは持って帰れます。
※プリンセスフォトはスタジオで子供一人で撮ります。

○東京ディズニーランド・ワールドバザール内

※ワールドバザールにはクラウンコースはありません!!
※ワールドバザールでは、プラス25850円でプレミアムドレスを選択できます。プレミアムドレスはハートやガラスの靴をモチーフにしたデザインがされたシンデレラの豪華版のドレスです。

○キャリッジコース
上と同じ

○キャッスルコース
上と同じ

○キャッスルコース(パークフォト付き)
(105分・55000円)
ヘアメイク+メイクアップ+キッズ用マニキュア+ドレス&シューズ+プリンセスフォト +パークフォト
※パークフォトはシンデレラ城などを背景にパーク内で専属カメラマンが写真を撮ってくれます。30カットです。パークフォトは兄弟や親も一緒に映ることができます。

○キングダムフォト(75分・43450円)
ヘアメイク+メイクアップ+キッズ用マニキュア+ドレス&シューズ+プリンセスフォト +ファミリーフォト
※ファミリーフォトはフォトスタジオで家族で写真を撮れます。

○キングダムフォト(パークフォト付き)(105分・60500円)
ヘアメイク+メイクアップ+キッズ用マニキュア+ドレス&シューズ+プリンセスフォト +ファミリーフォト +パークフォト

ドレスの種類やサイズは?髪型は?

ドレスは6種類あります。(プレミアム含むと7種類)

シンデレラ、オーロラ、ベル、ラプンツェル、アナ、エルサです。

サイズは、100cm~150cmまで10cm単位であります。

シューズは15cm~23cmまで1cm単位であります。

髪型はあらかじめ、用意されたパターンから選びます。ラプンツェル、アナ、エルサは各プリンセスの決まった髪型があります。

対象年齢や予約方法は?

対象年齢は3歳から小学6年生までです。今のところ男の子が王子様になるコースはありません。女の子がプリンセスになるコースのみの様です。

予約はネットで行いますが、激戦となるので注意してください。

利用を希望する日の1か月前の9:00から予約開始です。

東京ディズニーリゾートのHPの「予約/購入」の「ビビディ・バビディ・ブティック」から行います。

激戦なので、あらかじめユーザー登録してログインした状態で待機してくださいよ!

希望の日にちと、ビビディ・バビディ・ブティックの場所(東京ディズニーランドホテルか東京ディズニーランドワールドバザール)を選んで検索すると、空き時間を確認する画面になるので、空いている時間をタップして予約してください。

私の場合は、クラウンコースを予約したのですが、9:00ちょうどはほとんどネットがつながらなかったですね。連打していましたが、どんどん予約されていって、13時頃の予約しか取れなかったです。

時間帯が遅くなれば、パーク内でプリンセスでいれる時間がどんどん少なくなるので、あまり遅すぎる時間は意味ないですよ!暗くなると、サッシュも見えないですし。

ただ、早すぎるのもいいというわけでもありません。変身する時間が早いとプリンセスでいる時間が長くなるのですが、朝一に身動きがとれなくなるとファストパスが効率よくとれないなどの弊害もあります。

アトラクションをどれだけ優先するかですね~。

支払い方法

料金の支払いはインターネットで申込金5000円を支払い、残りを現地で支払います。

申込金の支払いはクレジットカードでの支払いになりますので、クレジットカードを所有しているのが必須となります。

現地では、現金でもクレジットカードでも支払うことができますよ。

体験レポート

私達は、クラウンコースを予約していたので、一旦ディズニーランドを出て(再入場のスタンプを手に押してもらいます)東京ディズニーランドホテルのビビディ・バビディ・ブティックに来ました。

入口でお姉さんと、プリンセスの挨拶の練習です。

持ち込みドレスは更衣室で着替えることが可能です。

早速変身の開始です。

ワクワク!どんな感じに変身できるのかな?

顔にお化粧もしてもらいます。

ちなみに、このお姉さんたちは美容師の資格を持った人たちですよ♪

変身が終わると、最後にサッシュをかけてもらいます。

このサッシュはビビディ・バビディ・ブティックでプリンセスに変身した証になります。

ラプンツェルの髪が素敵ですね!もちろんこの髪は付けているのですが、1日の最後のほうは髪が重いー!って言っていました(笑)

プリンセスになりきって挨拶です(笑)

プリンセスに変身した後は、パーク内を歩くと、キャストがプリンセス扱いしてくれます。

歩いていても、アトラクションに乗る時も「ごきげんよう、プリンセス」と声をかけてくれますよ。

普段は内気な私の子ですが、だんだん気持ちよくなってきたのか、途中からは自分から「ごきげんよう」って声をかけていました。

大好きなラプンツェルに会った時もやっぱり目立つので、ラプンツェルがピンポイントで私の子供に挨拶してくれましたよ。後で、ツーショットで写真も撮ったんですが、すごい褒めてもらって嬉しそうでした。

パレードの時も最前列にいたら気づいてくれるかも??

そして、スティッチ・エンカウンターにやたらと行きたがっていましたね。変身前に1度スティッチに行ったとき、指名されてスティッチとお話しできたので、プリンセスに変身後も見てほしかったんでしょうね(笑)

ビビディ・バビディ・ブティックは決して安くないですが、女の子は一生の思い出になるのでおすすめです。安く済まそうと思えばドレスをトイザらスとかで買って持ち込むと、2万円程度安くなります。

ディズニーで購入するドレスのほうが完成度は高いのですが、私は安いクラウンコースでも大満足でしたよ♪

予約は激戦ですが、キャンセルがあった場合は当日の受付も可能なので、予約はができなかったけど、どうしてもしたいって方はダメ元で当日の空きを聴いてみるのもいいかもしれませんね。

ビビディ・バビディ・ブティックは使用したお化粧のセットも貰えるので家に帰ってから子供がまた変身したいーって言っていました!

☆☆注目記事☆☆
・ディズニーのファストパスのスマホでの取り方。仕組みや注意点を解説♪

・ディズニーランドの子連れの回り方♪ベビーカーやアレルギー対応も紹介!

・三井ガーデンホテルプラナ東京ベイはナイトウェアもあって子連れにおすすめ!

そんだけ!ほなまたね(^^)/